金塊堀

2011年10月11日

金を採れっ!(とおちゃん入浴サービスカットあり)

皆さんは、どんな三連休をお過ごしでしたか?

働けど働けど我が暮らし楽にならざりじっと手を見てしまったとおちゃんは、
『こうなったら、お金なんて回りくどいことせずに、金を掘り当ててやるっ!』 
『ダイレクト ツー ゴールドっ!』
そんな言葉あるかどうかは知りませんが、とおちゃんもやる時ゃやるんですっ!

03P1140675

タンバよ、しばし待っちょれよ!とおちゃん、金塊もって帰ってくるけん!(<-なぜか土佐弁)

で、バイクで颯爽と金塊堀へ出かけたのでした。

00IMGP0021 (3)

というわけで、往復480km(先週は550kmでバテたので今回はちょっと控えめ)の道のりを行ってきました。

金脈はそう簡単に見つかるわけはありません。人里離れた、山奥のさらに奥にあるのです。 
そしてそこには、金のみを掘って暮らしている人々が居たりして。。。

IMGP0017 (2)

早速われわれも、秘密の場所へと潜入です。

P1140699

そこに居た金堀名人たちは、遠路はるばる訪れた我々を快く迎えてくれました。
きっと金を巡る壮絶な戦いになるに違いないと覚悟を決めていた私たちでしたが
拍子抜けするほど優しく、それどころかわれわれをお客様のように扱ってくれました。
なんと心が広いのでしょう。やはり『金』があふれる生活をしていると、人は優しくなるのでしょうか?

05P1140696

番犬「「シロ太郎助左右衛門」も、我々を歓迎してくれました。

金塊堀は、想像を絶する苦労を伴いました。ちょっと掘れば、ザックザクと考えていた私たちは
さんざん打ちのめされることになりました。
しかし。。。。

BlogPaint
(※モザイクは気にしないでください)

仕事を終え、浴びる風呂は格別。また秘湯の温泉なので、温泉水を飲むことが出来ました。
金塊堀で疲れた体を内外から癒してくれました。

BlogPaint
 
温泉後のひととき。心地よい風が吹き抜けていました。


  

  

  

  

   

 え?で、肝心の金はどうしたって?
ふふふ、では心してご覧あれ。

P1140762

おわかりかな?文字通り黄金色に輝く4つの金塊がっ!
え?ちょっと見づらいって?
だって小さくてカメラのマクロ機能で撮ったからしょうがないでしょ?
え?それって砂金じゃないかって?いやいや金塊ったら金塊っ!

P1140763

ほらね?金塊でしょ?あ、下に写ってる一円玉は直径が30cmある子供のおもちゃですから。。。

04P1140676

これで我が家も大金持ちだっ!だっはっはっ! <-やけくそ


ブログランキング・にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

今日も下らないお話にお付き合いくださってありがとうございました。
ま、世の中そんなに甘くはないということで、とおちゃん、気持ちを入れ替えて正しく働きます。
山梨県の身延にある湯の奥金山博物館なるところに行ってきたというお話でした。
砂金採り体験が出来ると言うことで楽しみにしていたのですが、想像とはかなり違った内容だったため
ここではあえて触れません。ただ、いい年したオヤジが30分間必死に砂金探しに夢中になりました。
恐るべし、金の魔力!登場してくれた金の里の村人たちは、博物館のジオラマです。
砂金採り体験の後は奈良田の温泉に入ってきました。町営で入浴料¥500。結構良かったですよ。



tanba0725 at 23:59|PermalinkComments(13)TrackBack(0)